2019.5.9
2018-19シーズン 退団選手・スタッフの
ごあいさつ

 

2018-19シーズンの終了をもちまして、エアリービーズを退団する選手・スタッフよりごあいさつを申し上げます。
これまでたくさんの温かいご声援をいただきありがとうございました。

鈴木裕子 選手

11年間という長い時間、本当にありがとうございました。9人という大人数の同期と入社し、1番最初に辞めるだろうと言われていた自分がこんなに長く現役ができたのは、どんな時も変わらず応援してくださったファンの皆様、会社の皆様、友人、家族のおかげだと思っています。
デンソーエアリービーズで学んだことは本当に多くあります。その学んだことをたくさんの人に伝えていけたらと思っています。本当に本当に今までありがとうございました。

中川千世 選手

このたび、デンソーエアリービーズを退団することになりました。デンソーに入社して3年という短い期間ではありますが、バレーボールを通して出会えたご縁には感謝しかありません。こうしてエアリービーズでバレーボールができたことを本当に誇りに思います。
18年間バレーボールをさせてくれた両親、いつも温かく支えてくださった会社の方々、ファンの皆さん、本当にありがとうございました。
これからも自分らしく明るく元気に頑張ります。これからもデンソーエアリービーズの応援をよろしくお願いします。

山田美花 選手

公式発表の通り、黒鷲旗をもちまして引退しました。デンソーでの7年間は本当にいろいろなことがありました。入替戦を何度も経験したり、黒鷲旗で優勝したりと、良いことも辛いことも味わうことができました。一緒にプレーした先輩、同期、後輩、スタッフの方々、そしてファンの皆様のおかげで、最後の試合は悔いなく楽しめました。
今後は、また違った角度からバレーボールに携わることができたらいいなと思っています。今まで本当にありがとうございました。

石田瑞穂 選手

デンソーの一員になって5年。たくさんの人に支えていただき、アドレナリン全開のバレー生活を令和元年、黒鷲旗をもって引退しました。
どんな時も温かく応援してくださった皆さんには本当に感謝しています。思い返せば、良い事ばかりではなかったけれど、様々な経験をさせていただきました。
バレー生活で学んだことを、これから第2の人生に活かしていけるように頑張っていきます。本当にありがとうございました。

井村仁美 コーチ

日頃からデンソーエアリービーズを応援していただきありがとうございます。
5月の黒鷲旗をもちまして退団する運びとなりました。約5年間という期間、デンソーでたくさんの出会いと経験をいただき、本当に感謝しています。ここでのたくさんの学びをこれからに生かし、新しい場所でも頑張っていきたいと思います。
そしてこれからは、デンソーエアリービーズを応援し、皆の活躍を楽しみにしています。本当にありがとうございました。

永田幸雄 チーフトレーナー

私は、この5月末でデンソーエアリービーズを退団・退任することになりました。約8年間、トレーナーとして在席しましたが、その間、選手・スタッフ、社員の皆さん、地域の皆さん、そして多数のファンの皆さんと一緒に、エアリービーズの勝利とチームの成長のために活動させていただきました。
皆さんとともに、バレーボール競技をとおして素晴らしい経験をさせていただきましたことに、心より感謝いたします。本当にありがとうございました。
若い選手たちが日々の活動をとおして、スポーツ選手として、そして社会人として成長していく姿を見守れたことはトレーナーとしての私の喜びでありました。
2016/17シーズン後のVプレミアリーグ昇格と、それに続く2017年度黒鷲旗の優勝は私の“宝物”です。
私事ですが、私がトレーナーとして活動を始めたのは1988年の日本リーグからで、昨シーズンのVリーグで通算30シーズン目となりました。
これを機に、現役のトレーナー活動から引退する所存です。長い間、ありがとうございました。